女性の脚

水虫は男性がかかるイメージですが、女性でもかかる病気です。
原因となるのは、カビの一種である白癬菌です。
白癬菌は人の紙や角質、動物の毛などに含まれるたんぱく質を好んで繁殖するカビです。
水虫にかかった人の皮膚から角質がはがれた場合、その中に白癬菌が存在し、それらを素足で踏んだりすることによって白癬菌が付着することによって感染します。
ただし、踏んでしまったからといってすぐに感染するわけではなく、洗い流されなかった白癬菌が傷ついた角質から入り込み、なおかつそこから繁殖しやすい環境にあった場合に水虫に感染し、症状があらわれます。
白癬菌は手や体にも付着しますが、感染する部位のほとんどが足です。
その理由は、白癬菌が高温多湿を好むからです。
靴や靴下を履くことで、1日の多くの時間高温多湿状態になりやすいのが足なのです。
男女問わず感染するのはこのような理由からです。
基本的に、足が清潔に保たれていれば、感染や繁殖を回避することができますが、長時間靴を履いた状態である以外にも、汗をかきやすい体質、足の指が太く隙間がない、糖尿病などの免疫不全といった原因からも感染しやすい環境をつくっています。

よく水虫治療薬で使用される薬にニゾラールクリームがあります。
ニゾラールクリームの効果は水虫の原因菌とよばれるカビの一種を殺菌したり、増殖を抑制します。
白癬菌が感染する部位により、あらわれる症状は異なります。
足にできる水虫は、指の間にできる趾間型、小さい水疱ができる小水疱型、足の裏がガサガサ乾燥する角質増殖型があります。
爪に感染すると、爪白癬といって、爪が縦じわができる症状があらわれます。
注意したいのは、足にかゆみがあるなどと水虫の症状が感じられても、皮膚炎や白癬菌でない菌が原因の別の病気の場合があるということです。
その場合は水虫の薬を使用しても改善されません。
通販でニゾラールクリームを買うこともできますが、自己判断せず病院で診察を受けて正しい薬を処方してもらうことがおすすめです。

記事一覧
水疱などを伴う水虫治療にハイターは有効か?

水虫は皮膚が白癬菌に感染して起こります。 症状を持つ人の剥がれ落ちた皮膚には白癬菌が生きており、これを素足で踏んだ人は白癬菌に感染しますが、すぐに症状は現れません。 この人が皮膚の汗や汚れを放置して肌をアルカリ性にしたまま高温多湿の状態にいると、白癬菌が繁殖して水虫を発症します。 水虫は体中のあらゆる部位に発症します。 特に足に多く、趾間型、小水疱型、角質増殖型に分類されます。 趾間型は足の指の間の皮がむけたりします。 小水疱型は指の付け根や足の側面、土踏まずなどに小さな水疱が出来ます。 湿疹と似ているので、素人判断は危険です。 角質増殖型は長期間足疥癬を放置した後に進行するもので、足の裏が全体的に厚く固くなり、ひび割れます。 痒みや水疱などが現れないので、発見が遅れがちです。 この他、最も人に感染させやすい爪白癬、シラクモと言われる頭部白癬、インキンタムシと言われる股部白癬、ゼニタムシと言われる体部白癬の他、珍しいと言われる手白癬があります。 水虫の治療には気付いたらすぐに皮膚科を受診する事が必要です。 水虫と診断されると抗真菌薬の塗り薬、爪疥癬の場合は飲み薬が処方されます。 白癬菌は皮膚組織の内側まで浸透しているので、皮膚が生え変わる1~2か月の間、継続して薬を使用する必要があります。 最近、ハイターなどの漂白剤を使って水虫を治療した、との情報がネットに投稿され、話題になっています。 しかしハイターなどの漂白剤はタイルやパテなどに使用するもので、人間の皮膚は想定外です。 ハイターの注意書きにも、皮膚に付着した場合はすぐに流水でヌメリが無くなるまで洗い流す、とあります。 白癬菌に侵された皮膚にハイターなどの強アルカリ性の液体を付けると、強い刺激となり、ただれを起こしてしまいます。 この結果、皮膚のただれを先に治療するため水虫の治療開始がさらに遅れ、通院が長期化して余分な費用が掛かってしまいます。

2019年11月25日
健康診断の時に水虫が判明してレーザー治療を受ける

水虫というのは、足に強いかゆみが生じるため、非常に厄介な病気といえます。 また、水虫は単にかゆいという症状が出るだけではなく、他人にうつることもあるので注意が必要です。 健康診断の時に、裸足になって水虫が判明したら、すぐにでも治療を受けましょう。 水虫といえば、市販のスプレー薬など色々なグッズが販売されていますが、最近ではレーザー治療でその症状を改善させることも可能です。 レーザー治療と聞くと、とても怖いイメージがわいてしまいますが、それほど危険な治療法ではありません。 基本的に、火傷などのトラブルが起こることはありません。 というのも、レーザー治療を施してくれるのは、専門家である医師だからです。 ですから、もしも健康診断の時に、自分が水虫であることがわかったら、そのついでにレーザー治療についても聞いてみてはいかがでしょうか。 健康診断の時に問診を担当している医師であれば、ある程度詳しく説明してくれることでしょう。 ただ、水虫でも人それぞれ症状の重さが異なりますから、すぐにレーザーを用いた治療が必要になるわけではありません。 場合によっては、処方薬を使用するだけでも症状が改善することもあるのです。 ですから、健康診断の時でも、あるいは日常生活の中で自分が水虫であることがわかったら、まずは専門医に足の状態をみてもらいましょう。 すると、どのくらいの症状が現れているかを診断してくれます。 そうして治療方針を立てて、今後どういった処置が必要になるのかもきちんと説明してくれるはずです。 ですから、こういった病気にかかったとしても、慌てて自分だけの考えで対処せず、専門家の力を借りながら治療を進めていくことが望ましいといえます。

2019年10月28日
水虫の原因白癬菌には治療用ソックス専用が効果あり

水虫の原因となる白癬菌は、カビの一種で高温多湿を好みます。 一般的な水虫の予防と治療は、乾燥と清潔が基本となっていて、中でも5本指ソックスが効果的と言われています。 皮膚が乾燥していれば水虫感染のリスクは低くなり、もし感染したとしても白癬菌が皮膚の中に入り込むまでには、24時間かかり、その間に風呂に入り皮膚上の白癬菌を洗い流せば水虫にはかかりません。 ただ足の指の間は湿度が高くなりがちなので、乾燥させるためにも5本指ソックスは効果的です。 もし水虫に感染した場合、水虫治療薬を塗布して治療しますが、薬剤を浸透させるためにワセリンをたっぷり塗るのも効果があるとされています。 ただ問題なのが、ワセリンがべったりと服や布団などに付くことです。 ふつうのソックスを上から履いても、ソックスがべったりと汚れてしまいます。 そういった場合に役立つのが、治療用ソックス専用の靴下です。 構造は薬剤をつけたカバー状のソックスで、表面を伸縮性のある防水層で覆っているので、薬剤やワセリンが漏れることがなく、長期間継続して患部を治療することができます。 治療用ソックス専用となっていますが、一見普通の靴下に見えるので違和感なく使用することができます。 また睡眠中や仕事中など、いつでもどこでも無理なく治療することができます。 一回あたりの治療時間が長くなるので、結果として短期間で水虫治療が行えるのもメリットといえます。 治療用ソックス専用のものには、5本指のものもあるので、特に足の指が重傷の方は5本指のものを使用することをおすすめします。 予防には靴や靴下を清潔な状態に保つことが大切です。 特に足の発汗量が多い人や蒸れやすい人は、5本指ソックスを2枚重ねて履くことをおすすめします。

2019年09月30日
角質増殖型胼胝と水虫の違い~改善に有効な成分~

足の裏に起こるトラブルとして知られているのが、「水虫」と「角質増殖型胼胝」です。 角質増殖型胼胝は聞きなれない言葉ですが、「タコ」の事がこう呼ばれています。 どちらもポピュラーなトラブルなので、経験した事がある方も多いのではないでしょうか。 角質増殖型胼胝、いわゆる「タコ」は足の裏に強い圧力がかかり、角質が厚くなる事で起こる症状の1つです。 立ち仕事の方やヒールの高い靴を履いている方などに、タコは出来やすいと言われています。 水虫は「白癬菌」というカビが、角質層に感染して起こる皮膚病の1つです。 水虫と一言でいっても出来る場所により、症状は様々という事をご存知でしょうか? 足の指と指の間にできるタイプは「趾間型」と言われており、皮膚がめくれたり強い痒みを伴います。 かかとに白癬菌が感染した場合は、かかと部分の角質が厚くなり、ぽろぽろと皮めくれが起こります。 趾間型のように、かゆみを伴わない為、水虫になっていると気づかないケースも多いようです。 土踏まず部分に感染するタイプは、赤みを帯びた水泡ができます。 このように、白癬菌に感染すると様々な症状を、引き起こしてしまいます。 タコの場合、角質のケアや保湿などで対処できますが、水虫の場合は白癬菌が感染しているので、スキンケアで改善する事はできません。 白癬菌を殺菌する成分を配合した薬で、治療を行う必要があります。 治療に使用されている成分には、イミダゾール系やアリルアミン系、ベンジルアミン系などが挙げられます。 成分によって効く水虫のタイプに、違いがあるようです。 水虫は強い痒みを伴う場合が多く、かなり不快な症状が現れます。 自分だけでなく周りにも白癬菌を感染させてしまう場合もあるので、早めに治療を始めましょう。

2019年08月31日
悪質な水虫のかゆみにどう対処するべきか

白癬菌を原因とした、水虫に感染した場合は、強烈なかゆみが、私たちを襲うことになりますが、仕事や、生活にも支障を与えてしまうくらい、かゆみがあるので、悩んでしまっている方も多いのではないでしょうか。 仕事中に掻くこともできませんし、掻くことによって、水虫が悪化してしまう懸念もあるので、どのように対処すればよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。 このように非常に悪質な白癬菌に対して、正しい対象をすることで、しっかりと水虫治療を行いながら、生活をしていくことが大切といえます。 白癬菌の特徴をしっかりと知ることによって、上手に対処することができるようになりますが、同時に皮膚科に、しっかりと受診するようにしましょう。 水虫は非常に悪質なので、ドラッグストアなどで販売されている、市販の薬が効かない場合も多く、専門的な意思による診断と、適切な薬の処方によって、しっかりと水虫治療を行うようにしましょう。 治療を行うことによって、悪質なかゆみも、どんどん感じることがなくなってきますが、白癬菌自体は、消滅していないので、医師に完治を判断されるまでは、しっかりと治療を行っていくことが大切になってきます。 また治療と同時に、周りの家族などに、水虫を感染させないように努力することも大切です。 特にスリッパや、バスマット等は、白癬菌が付着する可能性が非常に高いので、一緒に使わないように、家族と分けて使用するようにしましょう。 万が一家族に感染してしまった場合は、同じようにしっかりと対処することが大切になってきます。 治療は、最低でも1年間は続けることで、完全に白癬菌をやっつけることが、できるのではないでしょうか。 しっかりと治療して、快適な毎日を過ごしましょう。

2019年08月16日
水虫繁殖を予防する方法

白癬菌などをはじめとする真菌に感染することで発症する水虫は、放置をしているとどんどん繁殖していくことになってしまいます。 原因菌が繁殖すれば症状はひどくなりますし、最初は小規模なものであってもだんだん広範囲に移っていくこともあるでしょう。 では水虫の繁殖を防止するにはどういったことに注意をすればよいのかというと、ここでチェックするべきとなるのが水虫、白癬菌が好む環境に付いてです。 環境が白癬菌にとって最適なものであればそれだけ繁殖しやすくなってしまいますから、そうした環境は作らないようにするのがベストなのです。 ではその環境とは何かというと温度が20~40℃、湿度が60~80%の環境であると言えます。 20~40℃というのは人の体温によって自然に作られる温度であるため、対策を立てていくのであれば湿度に付いて対策していくべきでしょう。 そしてここでチェックしたいのが、日本という国で水虫が一般化してきたのは洋服文化が定着してからだということです。 もちろん江戸時代などの過去にも水虫の記録はありますが、現在のように多くの人が悩まされるようになったのは靴と靴下が普及した現代になってからのことです。 というのも靴下を履くと足の温度が下がりづらくなり、加えて靴で外側をカバーすることで湿度が上がりやすくなるという環境が作られるからです。 つまり、水虫が発生している間はなるべく靴と靴下を使わないようにするというのが必要となります。 ビジネスの場などでは仕方ありませんが、なるべく通気性の良い靴や靴下を選ぶことは非常に重要です。 また家族に水虫を持つ人がいるというのであれば、その人と足ふきマットやバスタオルを共用しないようにすることも必要です。 洗濯で白癬菌が移ることはありませんから、その点に付いては心配する必要はないでしょう。 気を抜くと白癬菌はすぐに繁殖しますから、普段からの心掛けが大切となります。

2019年07月06日
水虫の種類はどのくらい?

水虫の症状は足だけでなく粘膜を除いた体全体、股、手、頭に発症します。 症状が出る場所によって病名は異なってきます。 夏になると症状が出る人が増えますので、それぞれの症状についてみていきましょう。 まず、水虫になる原因ですが白癬菌というカビ(真菌)が皮膚の表面にある角質に寄生して繁殖しておこります。 白癬菌は皮膚の角質層にあるケラチンを栄養源にしており、角質が多い場所に寄生します。 ケラチンが少ない粘膜には存在しないので口のなかには白癬菌はいません。 髪の毛や爪は角質が変化したものなので白癬菌が栄養源にしようと寄生するので頭や爪に水虫の症状がおこります。 足の角質層に寄生して症状がでると足水虫と呼ばれ、水虫全体の7割を占めています。 更に症状によって小水疱型、趾間型、角質増殖型、爪白癬に分かれます。 股の部分に出来るといんきんたむしと呼ばれます。 1cm程の湿疹ができ、悪化すると水ぶくれができて強い痒みを伴います。 痒みや症状が体に見られる場合はぜにたむしといい、赤い輪のような形の水虫ができます。 動物にも白癬菌は生息しており、近年はペットのイヌやネコから人に感染することが増えてきました。 により手の水虫は発症数は少ないですが感染すると症状がでます。 小さい湿疹ができますが、他の病気と間違えることが多いので自己判断で治療を行っても改善しません。 頭に白癬菌が寄生して発症するとしらくもと呼ばれます。 痒みはなく白いフケの様なものが出て抜け毛が多くなります。 このように様々な種類がありますが、自己判断で市販の治療薬を使用しても症状が改善しない場合は違う病気の場合があります。 皮膚科できちんと検査を行って白癬菌の感染によるものか診断してもらい適切な治療を行いましょう。

2019年06月23日
福岡県で水虫治療を行える皮膚科

現在、福岡県内には、多くの皮膚科が営業しています。 皮膚科では、水虫などのポピュラーな皮膚病に関しても、しっかりと治療行うことができるので、水虫に悩んでいる場合は、市販薬などを購入せずに、しっかりとした医療機関で治療を行う事が大切です。 水虫は非常にしつこく、なかなか完治することが難しい病気と知られていますが、適切な治療行うことで、完全に完治させることも可能になっています。 完治させるには、医療機関で適切な診察を受けて、症状にあった薬を処方してもらい、時間をかけながら、ゆっくりと治療していくことが大切です。 このように完治させるためには、病院選びが非常に大切になってきますが、福岡県内には多くの皮膚科があるので、選ぶことが難しいと感じている場合もあるでしょう。 そのような場合は、福岡県の知り合い等の口コミを頼りに、病院を選んだり、インターネットなどを活用して、評判の良い病院を選ぶようにしましょう。 このような非常に迷惑な水虫は、自分だけの問題ではなく、一緒に暮らしている家族にとっても、非常に厄介な存在といえます。 家族に感染させないようにするためには、生活を工夫する必要が出てきます。 特に家族みんなが利用する、お風呂のバスマットや、トイレのスリッパなどから白癬菌が感染してしまう場合も多く、家族で一緒に利用しないことが大切になってくるでしょう。 また毎日清潔に保つことも、非常に大切なことになってきます。 患部をしっかりと洗うことによって、清潔に保つことができるので、毎日しっかりと洗うことを意識しましょう。 このように多くの方を巻き込む、非常に困った病気ですが、正しい知識を持って、しっかりと治療していくことが、完治につながるのではないでしょうか。

2019年07月22日