Month: July 2019
福岡県で水虫治療を行える皮膚科

現在、福岡県内には、多くの皮膚科が営業しています。 皮膚科では、水虫などのポピュラーな皮膚病に関しても、しっかりと治療行うことができるので、水虫に悩んでいる場合は、市販薬などを購入せずに、しっかりとした医療機関で治療を行う事が大切です。 水虫は非常にしつこく、なかなか完治することが難しい病気と知られていますが、適切な治療行うことで、完全に完治させることも可能になっています。 完治させるには、医療機関で適切な診察を受けて、症状にあった薬を処方してもらい、時間をかけながら、ゆっくりと治療していくことが大切です。 このように完治させるためには、病院選びが非常に大切になってきますが、福岡県内には多くの皮膚科があるので、選ぶことが難しいと感じている場合もあるでしょう。 そのような場合は、福岡県の知り合い等の口コミを頼りに、病院を選んだり、インターネットなどを活用して、評判の良い病院を選ぶようにしましょう。 このような非常に迷惑な水虫は、自分だけの問題ではなく、一緒に暮らしている家族にとっても、非常に厄介な存在といえます。 家族に感染させないようにするためには、生活を工夫する必要が出てきます。 特に家族みんなが利用する、お風呂のバスマットや、トイレのスリッパなどから白癬菌が感染してしまう場合も多く、家族で一緒に利用しないことが大切になってくるでしょう。 また毎日清潔に保つことも、非常に大切なことになってきます。 患部をしっかりと洗うことによって、清潔に保つことができるので、毎日しっかりと洗うことを意識しましょう。 このように多くの方を巻き込む、非常に困った病気ですが、正しい知識を持って、しっかりと治療していくことが、完治につながるのではないでしょうか。

2019年07月22日
水虫繁殖を予防する方法

白癬菌などをはじめとする真菌に感染することで発症する水虫は、放置をしているとどんどん繁殖していくことになってしまいます。 原因菌が繁殖すれば症状はひどくなりますし、最初は小規模なものであってもだんだん広範囲に移っていくこともあるでしょう。 では水虫の繁殖を防止するにはどういったことに注意をすればよいのかというと、ここでチェックするべきとなるのが水虫、白癬菌が好む環境に付いてです。 環境が白癬菌にとって最適なものであればそれだけ繁殖しやすくなってしまいますから、そうした環境は作らないようにするのがベストなのです。 ではその環境とは何かというと温度が20~40℃、湿度が60~80%の環境であると言えます。 20~40℃というのは人の体温によって自然に作られる温度であるため、対策を立てていくのであれば湿度に付いて対策していくべきでしょう。 そしてここでチェックしたいのが、日本という国で水虫が一般化してきたのは洋服文化が定着してからだということです。 もちろん江戸時代などの過去にも水虫の記録はありますが、現在のように多くの人が悩まされるようになったのは靴と靴下が普及した現代になってからのことです。 というのも靴下を履くと足の温度が下がりづらくなり、加えて靴で外側をカバーすることで湿度が上がりやすくなるという環境が作られるからです。 つまり、水虫が発生している間はなるべく靴と靴下を使わないようにするというのが必要となります。 ビジネスの場などでは仕方ありませんが、なるべく通気性の良い靴や靴下を選ぶことは非常に重要です。 また家族に水虫を持つ人がいるというのであれば、その人と足ふきマットやバスタオルを共用しないようにすることも必要です。 洗濯で白癬菌が移ることはありませんから、その点に付いては心配する必要はないでしょう。 気を抜くと白癬菌はすぐに繁殖しますから、普段からの心掛けが大切となります。

2019年07月06日